リハのトピックス

辞めることはこわくない!リハビリ職を辞めたいと考えているセラピストへアドバイス

 

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(以下セラピスト)として働いている中で、自分には向いていない、辞めたいと思う人もいるかと思います。

リハビリ以外の違うことがやりたくなった…


待遇や働き方に不満がある…


身体的、体力的に大変。リハビリすることに精神的に疲れてしまった…


リハビリ業界の将来に不安がある…

他にもセラピストを辞めたいと思う理由は様々だと思います。

私自身、理学療法士として病院や訪問リハビリステーションで働いていましたが、収入面の不安とリハビリ以外の新しい仕事を経験したいという思いがあり、経験7年目で全くの別業界へ転職した経歴があります。


結論から言うと、セラピストが一般企業に転職することは可能ですし、不安に思う必要はありません。

 

しかし、セラピストを辞めたい、リハビリ業界から離れたいと思っていても、

「リハビリしかやってこなかった自分にできる仕事はあるのだろうか?」

「せっかく取得した国家資格を手放していいのだろうか?」

などの不安で転職を決断できない人も多い思います。


そんな不安を取り除けるよう、理学療法士を辞め、全くの別業界に転職した私自身の体験談も踏まえてセラピストが持つ強みと一般企業へ転職する際のポイントをアドバイスしたいと思います。

 

セラピストの一般企業への転職のポイント

もしも転職がうまくいかなくても大丈夫。いざとなったらセラピストに戻れます!

セラピストの資格を手放すことが不安で転職をためらってしまう方へアドバイス

転職した一般企業が合わなかったらどうしよう…

もう一度セラピストとして働きたくなっても戻れるのだろうか…

こういった不安から転職をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと1~2年程度のブランクであれば問題なく復帰できます。

 

というのも、私自身も一般職へ転職後、もう一度セラピストに戻りたいと考え、以前訪問リハビリへ転職する際に利用した転職サイトに再度登録したことがあります。

結果として多数のオファーをもらうことができ、「転職先がない!」と困ることはありませんでした。
しかし、以前の病院から訪問リハビリへ転職する際に利用した時と比べるとオファー内容には多少偏りがありました。

それは、「ブランクがあっても歓迎!」と募集している訪問リハビリやデイ、介護施設のオファーが圧倒的に多く、病院やクリニックからのオファーが減っているということでした。

これにはリハビリ業界の現状が関係すると思われます。

現在、セラピストのうちの約80%が病院やクリニックなどの医療保険分野に集中しており、対してデイや介護施設、訪問リハビリなどの介護保険分野で働くセラピストは全体の約10%しかいないと言われています。

それにもかかわらず、介護保険分野の求人数は2009年以降伸び続け、2010年には介護保険分野の求人数が病院の求人数を抜き、その後も差が拡大するなど、病院と比べて人員不足が顕在化している現状があります。
(参考:医療従事者の需給に関する検討会 第1回・第2回 理学療法士・作業療法士需給分科会 )

私も転職活動中にデイや介護施設へ何件か見学に行きましたが、セラピストが1人もいないという施設がたくさんありました。
また、セラピストが在籍しているデイや施設でも、何年間もブランクがある元主婦の方など、ブランクのあるセラピストが勤務している職場も多くありました。

その現状や、介護保険分野の求人数の高さから見て、セラピストが働く場所にはまだまだ選択肢があり、復帰は可能だと実感しました。

ただ、将来的にセラピストが供給過多になってしまうと給料が上がりにくくなると予想されることや、大手グループの病院や倍率が高い公立病院への復職はハードルが高いと感じたのも事実です。
つまり、セラピストに復帰する場合「介護保険分野での再就職であれば」復帰できる、といった条件が付くと考えます。

もし、もう一度セラピストに戻りたいと思ったときは一度転職サイトなどの求人情報からリハビリ業界の現状を客観的にチェックし、需要と供給のバランスや、待遇面の変化などを確認してから復職活動することをオススメします。

セラピストの経験は他の職種でも活かせることが多い!

転職活動をする中で、他の職種でも活かすことができ、業界によっては非常に重要視される経験がリハビリ職にあるのだと実感しました。

それは、

医療、健康、福祉に関する知識は転職先の選択肢が広がりやすく応用がきく

 

仕事として多様な世代とコミュニケーションをとってきた経験は営業職で重宝される

 

コミュニケーションによる信頼関係の構築から課題解決に向けたプロセス作りはコンサルティング業務に活かすことができる

 

上記のように、セラピストがリハビリの中で自然に行っているコミュニケーションやプロセス作りの経験は、営業職やコンサルティング職など対人関係の仕事において、活かすことができる強みとなるのです。

また、医療、健康、福祉に関連する会社ではセラピストの知識や経験を直接活かすことができ、ゼロスタートではないという安心感があります。

一般企業に転職したい!セラピストの経験が活かせるおすすめの職種をご紹介私が一般企業への転職活動の中で気づいたリハビリ職の強み、セラピストの経験を活かせるおすすめの職種、そして私が実際にオファーをもらった企業をご紹介します。...

上記の記事にも書いていますが、セラピストの経験を活かして働くことができる職種はたくさんあります。
私自身も下記の転職サイトを利用し、実際に転職することができました。

筆者が実際に利用したセラピストの転職におすすめのサイト3選

リクナビNEXT

短期集中でサポートも手厚い。幅広い選択肢から検索ができる転職会社最大手

マイナビエージェント

検索による絞り込み機能が使いやすく、希望企業とのマッチング率が高め!コメディカル向けの転職サイトも運営している転職会社

PTOTワーカー

セラピストとしての可能性を広げられる会社に出会えるかも!リハビリ色強めの企業や掘り出し企業あり!

 

私自身この3つの転職サイトを利用し、総オファー数は100社以上ありました前の職場より年収が高いこと、年間休日120日以上、職種未経験可など絞ってエントリーした場合でも複数の内定をもらうことができました。

まとめ

セラピストのように専門的な技術職だと「この仕事しかない」と視野が狭くなってしまいがちですが、コミュニケーション能力や医療・健康・福祉の専門性を活かして様々な仕事に活かすことが出来る資格でもあるのです。

私自身リハビリ職から全く別業界への転職活動をし、実際に働いてみて実感したことですが、セラピストをやめて転職することは怖いことではありません。

リハビリ業界での仕事に精神的にも体力的にも、もー限界だ!となる前に別業界へ転職を検討することをオススメします。実際に転職して、もし合わなければまたセラピストに戻ればいいだけなのです。

ただ、一般企業にはキャリア制度や退職金などの手当てが豊富であるメリットの一方で、営業成績による給与の増減、株価の変化によるシビアな数字的変化があるなど、リハビリ業界とは違ったメリット、デメリットがあります。

その一般企業のメリット、デメリットが自分に合っているかを求人情報や企業サイト、口コミ等を確認し、よく検討してみてください。そして、セラピストを辞めることを悲観せず、転職をポジティブにとらえて本当に自分に合った仕事が見つかることを願っています。